肌トラブルとオールインワンゲル

保湿にはセラミドとアミノ酸配合のオールインワンゲルがおすすめ

私たちの肌には、あらかじめ皮脂膜・天然保湿因子(NMF)・細胞間脂質の3つの潤い保持成分が備わっていますが、スキンケアや生活習慣によって肌が乾燥してしまうこともあります。

このため、洗顔後や入浴後は肌を保護するためにも必ず保湿ケアを行うことが大切です。保湿には、細胞間脂質の構成成分であるセラミドと、NMFの構成成分であるアミノ酸の両方が配合されたオールインワンゲルがおすすめです。

肌が乾燥する原因と適切な保湿ケア

保湿とは、肌の潤いを保つために、足りない水分を補いながら水分が逃げないよう油分でしっかりとフタをすることです。保湿のメカニズムを知り、適切なケアを行うことで、肌の潤いは蘇ります。保湿に適したオールインワンゲルで、潤いのある美肌を目指しましょう。

【肌が乾燥する原因とは?】

肌の水分保持機能を担っているのは、皮脂膜、角質層に含まれる天然保湿因子(NMF)・細胞間脂質の3種類です。このうちセラミドなどに代表される細胞間脂質は外部の刺激から肌を守り、水分の蒸発を防ぐ最も重要な役割があります。このように肌には自ら潤いを守る働きがありますが、洗いすぎなどによる不適切なスキンケアやエアコンなどの生活習慣が原因で肌の乾燥が進んでしまう場合があります。

保湿が必要な理由と、保湿に有効な美容成分とは?

【保湿が必要な理由とは?】

毎日の入浴や洗顔で、肌の水分量を維持する皮脂膜、天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質は少しずつ洗い流されてしまいます。睡眠中にこれらはゆっくりと回復すると言われていますが、夜の間にしっかりと肌の奥まで保湿成分を届け、肌を保護しておくことはとても大切です。

【保湿に有効な美容成分とは?】

細胞間脂質は肌の中で最も高い水分保持機能を持つ細胞間脂質。細胞間脂質の40%を占めるセラミドは、保湿効果の高い美容成分として注目を集めています。そのため、乾燥肌が気になる方には、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、NMFの構成成分であるアミノ酸がたっぷりと配合されたオールインワンゲルがおすすめです。