肌トラブルとオールインワンゲル

しみに適したオールインワンゲルで美白対策

20代に入ってからしっかりと紫外線対策を行っても、10代の頃に浴びた紫外線の影響は身体に残っています。加齢と共にしみが出てくるのは、若い頃から少しずつ紫外線の影響が蓄積され、やがてしみとして現れるからです。

最大のシミ予防は紫外線対策ですが、できてしまったシミには、ビタミンC誘導体配合のオールインワンゲルを使って積極的にスキンケアしていきましょう。

オールインワンゲルでしみ予防

抜かりなく紫外線対策を行っているつもりでも、いつの間にかしみができてしまっていたという経験をお持ちの方は多いと思います。肌にしみがあると、老けて見られるのではないかと気になりますよね。

しみのメカニズムを知り、紫外線・美白対策をしっかりと行うことで、しみ予防が期待できます。しみに適したオールインワンゲルで、しみのない白い肌を目指していきましょう。

【しみの原因とは?】

紫外線を浴びた時に肌の内部を保護するために生成されるのがメラニン色素です。このメラニン色素は通常であれば肌のターンオーバーによって排泄されてしまいますが、何らかの原因によって肌のターンオーバーに乱れが生じると、しみとなって残ってしまいます。

しみ対策にはビタミンC誘導体・プラセンタ配合オールインワンゲルがおすすめ

【しみを防ぐ効果的な方法とは?】

しみを防ぐために最も大切なことは、紫外線対策を念入りに行うことです。日焼け止め、UVカット化粧品、日傘、帽子、手袋など何重にも重ねて対策を打つことで、より高い効果が得られます。紫外線は3月頃から徐々に強くなってきますので、年間を通じて紫外線対策に努めるようにしましょう。

美白対策には、肌のターンオーバーを促進させる作用を持つプラセンタエキスと、メラニン色素抑制作用を持つビタミンC誘導体が含まれたオールインワンゲルがおすすめです。

特にプラセンタエキスには、肌の内部に働きかけて細胞を活性化させる作用があるため、しみやしわ、たるみなど肌老化全般に効果があると考えられています。紫外線・美白の両面から対策を行い、しみ予防に取り組んでいきましょう。