肌トラブルとオールインワンゲル

ビタミンC誘導体配合のオールインワンゲルで美白対策

しみのない美しい肌になりたいという願望は女性なら誰もが持っていますが、しっかりと紫外線対策を行っていても、なかなかそうはいかないですよね。

現在、厚生労働省に認可されている美白成分は数多くありますが、おすすめはメラニン色素抑制作用と還元作用の両方を併せ持つビタミンC誘導体です。このビタミンC誘導体が配合されたオールインワンゲルを積極的にスキンケアに用いて、美白対策に努めていきましょう。

オールインワンゲルの美白成分で美肌に

美白とは、肌そのものを白くすることではなく、日焼けなどによるメラニン色素の発生を抑制し、しみやそばかすを防いで、肌本来の美しさを目指すことです。現在、厚生労働省によって認可されている美白成分は10種類以上と数多くありますので、自分の肌質に合ったオールインワンゲルの美白成分で、しみのない美肌を目指していきましょう。

【厚生労働省に認可されている美白成分とは?】

厚生労働省に認可されている美白成分は大きく2種類あり、できてしまったしみやそばかすを薄くする作用を持つ成分と、しみやそばかすの元となるメラニン色素の発生を抑制する作用を持つものに分かれます。

ビタミンC誘導体は、どちらの作用も持ち合わせているため、最もおすすめの美白成分です。この他、プラセンタエキスやアルブチン、エラグ酸などが知られています。

オールインワンゲルで美白と保湿の両立を

【肌質に合った美白ケアとは?】

美白ケアには、将来的にシミやそばかすができないようにする予防ケアと、今現在できているしみやそばかすを薄くするためのケアがあります。自分が優先すべきケアはどちらかを考えて、自分にとって必要な美白成分が含まれているオールインワンゲルを選ぶといいでしょう。

肌のターンオーバーが正常化されると、新陳代謝が活性化され、美白効果も高まります。ビタミンC誘導体と保湿力のあるセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタエキスが配合されたオールインワンゲルであれば、美白と保湿の2つの効果が同時に手に入ります。美白に適したオールインワンゲルでしみのない素肌を手に入れましょう。